今さら聞けないツイッター(twitter)について

SNS

年齢を問わず情報収集ツールとして重宝されている「ツイッター(twitter)」。2018年3月現在では世界で3億2,800万人ものユーザーが利用しています。
最近では国内のテレビ番組やニュースで取り上げられることも多いですよね。しかしどのように登録して、どう使うモノなのかわからないといった声も多くあります。そんなツイッターの使い方について、簡単にご紹介します。


スポンサードリンク

ツイッターのアカウントを作ろう!

パソコンの方は「ツイッター」で検索すると公式サイトが出てきます。
Twitterをはじめよう」の下にある「アカウントの作成」を押すと、以下の三点を入力する画面が出てきます。

  • 名前(またはニックネーム)
  • 電話番号またはメールアドレス
  • パスワード

入力が終わると、ユーザー名を選択する画面が出てきます。
(メールアドレスを入力した方は電話番号を入力すると、認証コードがスマートフォンに送られてくるので、その認証コードを入力するとユーザー名を選択する画面が出てきます。)

ユーザー名を選択すると、登録完了です。

興味のある事柄」や「フォローするアカウントを選ぶ」といった画面が出てくるので、これらを利用して様々なアカウントをフォローして、ツイートを見てみましょう。

画像付きでツイートしてみよう!

ツイッターでは写真や画像と一緒にツイートすることもできます。ツイート画面にある写真のマーク(山と太陽のマーク)をクリックすることで、スマートフォン内の写真や画像にアクセスできます。

写真や画像を選んだらツイート画面にその写真が表示されるので、あとは通常通りツイートボタンを押すと、画像付きでツイートすることができます。

スポンサードリンク

注意点として、ツイートした内容や画像は自分が消すまで残るので、個人情報が記載されたものやプライベートな写真を載せてしまうと予期せぬ被害を招いてしまうこともあります。

第三者に自分のツイート内容を見られたくない場合は、アカウントの設定からツイートを保護状態(鍵付きアカウント)に変更することもできるので、必要に応じて利用してみてはいかがでしょうか。

スマートフォンでツイッターを使おう!

パソコンでアカウント登録した方は、登録済みのユーザー名(@マーク以下の名前)とパスワードでスマートフォンからもツイッターへログインすることができます。

しかしそのままだとパソコン画面をモバイル版として表示するので、少々見づらくなってしまいます。
ここでスマートフォン用のアプリを利用すると、スムーズにツイッターを見ることができます。

iPhoneの場合はApp store、Androidの場合はPlay storeから「ツイッター公式アプリ」を検索してダウンロードします。

ダウンロードされたアイコンをタップするとログイン画面が出てくるので、同じようにユーザー名とパスワードを入力すると、アプリでツイッターを利用することができるようになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後にツイッターの使い方や注意点などを見直してみましょう。

  • 特定のアカウントをフォローすることで、そのツイートを見ることができる。
  • 写真や画像と一緒にツイートすることができる。
  • 個人情報等やプライベートな写真は載せない方が良い。
  • プライベートな写真などを載せたい場合は、鍵付きアカウントに設定する。
  • スマートフォンからの利用は公式アプリをダウンロードすると便利。

気軽にフォローしてつながることのできるツイッター。
興味のある事柄や好きな有名人などをフォローして、情報収集に役立てみてはいかがでしょうか。

またアカウントが不必要になった時も、設定から簡単にアカウントを削除することもできます。

安心してチャレンジしてください。

Twitter公式ホームページはこちら ⇒

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました