チケットぴあとは?コンビニでも使えるチケットぴあについて

チケット予約・購入

チケットぴあは、音楽やスポーツなど主にエンタメのチケットを販売しているサイトです。
チケットの購入だけでなく便利な各サービスも展開されているため、そちらも含めてチケットぴあについて解説します。


スポンサードリンク

チケットぴあの概要とは

チケットぴあでは、チケット情報の提供から販売、またチケットの引き取りや万が一公演に行けなくなった時のサポートまで行っています。無料の会員登録を済ませることで利用でき、独自のポイントサービスやステージサービスを展開しているのも特徴の一つです。また、エンタメの種類だけでなく地方からもチケット検索が行えるため、地方から開催される公演を逆引きすることも可能です。

お気に入りのアーティストがいる場合、そのアーティストの公演に毎回自動で応募してくれるサービスも展開しており、条件に合致した公演なら自動で申し込んでくれます。

あるいは突然の用事や身内の不幸によってチケットを使えなくなった場合、いくつかチケット代金が返金されるケースもあるため、不測の事態にも備えられます。

チケットぴあの発券方法とは

申し込んだチケットを受け取る方法は主に三種類あり、Cloakを用いて店舗で直接引き取る方法や全国展開しているぴあのお店での発券、そして配送方法から選べます。

発券に必要な払込票番号はチケットぴあ公式ホームページの購入履歴からいつでも確認できるので、事前に番号を控えておきましょう。また、Cloakと呼ばれるチケットぴあのサービスでは、チケットの引き取りだけでなく分配やリセールも行えます。

スポンサードリンク

リセールは自分が購入したチケットを定価で別の希望者に販売するサービスであり、公演に行けなくなり別のファンの手へチケットを渡したい場合に活用します。配送の場合、チケット購入後しばらくして発送されます。チケットによっては少々特殊な発送日となっているため、購入したチケットの発送日を一度購入履歴で確認しておくと慌てずに購入できます。

チケットぴあをコンビニで利用する

一部提携しているコンビニでは、公式サイトでなくても店頭でチケットぴあを利用できます。現在対応しているのはセブンイレブンとサークルKサンクスであり、このうちセブンイレブンは24時間営業となっているのでいつでも購入できます。
ただし、発売日初日の10時から販売スタートになるため、チケットの購入タイミングには注意しましょう。

サークルKサンクスの場合、営業時間は5時30分から26時までの営業となっており、こちらも10時から初日スタートとなります。また、セブンイレブンではマルチコピー機から、サークルKサンクスではKステーションから購入でき、いずれも条件を指定して自分で購入する必要があります。

支払い方法はどちらも現金とクレジットカードに対応しており、電子マネーにも一部対応しています。

チケットぴあで行える一連の作業

チケットぴあではチケットに関する一連の作業を行えるため、チケットを忘れずに購入したい方や万が一キャンセルが発生した時チケットを引き取ってもらい方にとって使いやすいサイトです。また、購入回数が増えていくごとに各種特典を受け取れ、当選確率がアップしたりプラチナパスを貰うこともできます。

チケットぴあの公式サイトでは各チケットに関する情報も掲載されているため、チケットごとの情報を集めたい方にもオススメできます。また、一般販売よりもいち早く購入できるプレリザーブなど、争奪戦になりやすいチケットを誰よりも早く購入したい場合に登録しておきたいサイトです。

ただし、会員登録自体は無料で行なえますが、チケットガードなど一部のサービスに関しては有料で提供されています。

上手く活用して、チケットぴあで大切なチケットを手に入れましょう。

チケットぴあ公式ホームページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました